携帯ショップや理容師の求人が気になる人は必見です

自分に合っているか考える

求人サイトでは沢山の職種が募集をかけています。携帯ショップや警備員、建設業など多種多様です。それぞれ自分に合った仕事か、資格は必要かをあらかじめわかっておくと仕事が探しやすくなります。合わない仕事は自分がストレスを溜めるだけでなく、周りにも負担がかかります。嫌になってすぐ辞めてしまうようでは社会人として一人前とは言えません。そうならないよう、まずは自分に合っているか見極めるのが大事です。求人情報を見るときには、内容をしっかり確認しましょう。求人内容を見ただけでは自分に合うかわからない、というのであればインターネットで情報を探してみると、その職種の詳しい内容が載っているかもしれません。

何を重視するか決める

就職する時には自分に合うか考えるのも大事ですが、生活していく上で外せない条件を考えて職探しをすると探しやすくなります。社会貢献をしたいのか、福利厚生が充実している方がいいのか…など自分と向き合って考えてみましょう。思い浮かばない方は、他の人が何を重視しているか、調べてみるといいかもしれませんね。自分の求める条件が見つかったら、採用してもらうために事前の準備を忘れないようにしましょう。また、忘れがちなのが交通手段です。いいと思える求人を見つけても、そこに行くまでの通勤手段が無ければ行けません。何で通えばいいのか、どれくらいの時間がかかるのかも確認してください。通勤代が多くかかる人は、交通費が出るところを選ぶといいですね。

携帯販売を選んだ人の理由TOP3

no.1

時給が他の仕事に比べて高い

生活していく上でお金はとても大切です。給料は誰しも1番に気にするポイントですよね。携帯ショップの時給は、平均で1500円くらいだと言われていますが、地域によっても異なるでしょう。最低でも1000円を下回ることはないようなので、とにかく稼ぎたいという方にはいいですね。接客をしたいという方にとっては、一石二鳥なので特に人気です。また、学歴によってもらえる給料に差がある場合もあり、高卒よりも大卒の方がより高い給料をもらうことができるでしょう。時給を特に気にしているなら携帯ショップはおすすめだと言えますね。

no.2

未経験でも働ける

資格や経験が必要な職種もありますが、携帯販売の仕事は特に必要なものはありません。笑顔で接客できれば何の問題もなく働けます。入ってからたくさんのことを覚える必要はありますが、人と関わるのが好きだったり、喜ばせるのが好きな人には嬉しい環境ですね。また、接客業は人と接するのが好きな人にしか向かない、と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。最初は人見知りでも、回数を重ねるごとに慣れてくるものです。あまり難しく考えず、挑戦してみるのもいいでしょう。接客業を極めたいのであれば、販売士の資格を取得してもいいですね。

no.3

ビジネスマナーを身につけられる

接客業の中でも、フランクな接客をするところはありますが、携帯ショップでは丁寧な言葉遣いや対応が求められます。最初はあまり敬語がわからない、ビジネスマナーを覚えられるかわからないという方でも、仕事をするうちに必要なビジネスマナーを学ぶことができるので安心です。もちろん、自分でも勉強した方が早く身につくので、日々勉強を怠らないようにするといいですね。転職する際にもマナーをきちんと覚えていると、アピールポイントになるので有利でしょう。また、上を目指すなら接客サービスマナー検定を受けると、自信にも繋がっていいですね。

[PR]

建設業の求人を幅広く提供中!女性歓迎の募集要項を豊富に紹介!
施工管理の採用情報が掲載されていますよ。プロになりたいならココ!
東京で理容師の求人を確認2年でスタイリストになれる
警備員の求人を見てみよう。待遇面に自信あり!
携帯ショップの求人情報が掲載されていますよ。高時給が嬉しい♪

職探しのコツ

美容室

理容師を目指すなら

理容師は理容師資格を取得しなければいけないので、誰でも簡単に働けるわけではありません。将来的に独立も考えているなら、管理理容師の資格も取得するのがいいでしょう。東京で資格を取得するには、理容師養成施設で最低2年の勉強が必要です。近年、合格率は約75%となっており、4分の3の割合で合格できるので、そこまで難しい資格ではありません。また、理容師の資格というのは、「理容師国家試験」を受けて取得する国家資格となるので、取得できれば理容室での職探しに困ることはないでしょう。手に職を付けたいという方には嬉しいですね。

力仕事も視野に入れてみる

オフィスワークや接客業は自分には難しい、特に資格もないから選べる職業が少ないなどと考えているなら、力仕事もいいでしょう。代表的なのは建設業ですが、警備員も同じところに居続けなければなりませんし、不審者がいれば侵入を防がなければいけないので体力が必要になります。また、建設業なら施工管理の仕事もおすすめです。字の通り、現場を管理する立場で計画的に作業を進めるためには必要不可欠な仕事です。ちなみに、施工管理技士の資格を取るためには、一定の条件を満たしていなければなりません。学歴や実務経験が必要なので、受験前に確認しておきましょう。

[PR]

広告募集中